顔にニキビが発生している時、みなさんは普段どんなクレンジングを使っていますか?

もしもオイルクレンジングを使っているのなら、ちょっと注意が必要かもしれません。

オイルは皮脂やメイクとの馴染みが良く、洗浄力が高い反面、必要以上に肌の油分を奪ってしまいます。

肌が乾燥すると、水分の蒸発を防ごうとしてますます皮脂が分泌されます。

過剰な皮脂はニキビのもとになりますから、クレンジングは油分の少ないミルクタイプジェルタイプを使うのがおすすめです。

また、ふき取るタイプのクレンジングシートは使い勝手が良く便利ですが、こすると肌への刺激となりシミが出来やすくなりますので、これも避けた方が無難です。

メイクをしていないときやパウダーだけの時は、洗顔石鹸で一回洗えば十分です。ダブル洗顔は必要ありません。

洗顔のしすぎは逆効果?

10代の皮脂分泌が活発な頃はともかく、1日に3回以上洗顔すると、かえって乾燥がひどくなります。

特に乾燥肌の人は、朝の洗顔は水かぬるま湯のみで洗うようにし、夜は帰宅後すぐ洗顔するのがベストです。

一般的に帰宅時ではなく入浴時に洗顔をする人の方が多いかと思いますが、皮脂やメイク汚れを長時間放置すればするほど、毛穴が塞がりニキビができやすくなります。

メイクした日は油分の少ないクレンジングを使って洗顔しましょう。

メイクなしかパウダーのみの日は、固形石鹸を泡立てネット等でよく泡立てて、手のひらを使って優しくころがすように洗います。

鼻は指を使って洗っても構いません。強くこするとシミやシワの原因になりますので注意してください。

Tゾーンのみ、週1回程度スクラブ洗顔料を使って洗顔するのもいいでしょう。

主に医療機関で行われているケミカルピーリングお手軽に自宅でできる、 AHA(アルファヒドロキシ酸・グリコール酸または乳酸)が入った洗顔石鹸を使うのもおすすめです。

ぬるま湯で十分にすすいだら、タオルで優しく押さえるように水分を吸い取ります。

この時もやはり擦らないように気を付けましょう。 その後は化粧水・ジェル・乳液でしっかりと保湿をしてください。